産後もずっとキレイでいるためにすべきこと

出産をしてもずっと綺麗でいたい!

最近流行の美魔女。。

 

歳を重ねても、出産をしても、いつまでも綺麗でいたいなら骨盤を整えましょう。

 

出産により骨盤がずれ、そのずれによって新陳代謝が悪くなり、結局は産後太りや腰痛の原因となってしまうそうなのです。

 

産後太りの根本原因はここにあるので、産後太りの解消をするにはまずは骨盤のずれを治すことから取り組まなくてはいけないようなのです。

 

骨盤のずれを治して初めて、ダイエットに取り組むという流れで産後ケアをしていくのがいいということなのです。

 

骨盤のずれを治すのは難しいのか?

 

多くの人が産後太りに悩んでいるのは、その根本原因を知らないからではないでしょうか。

 

骨盤がずれて新陳代謝が落ちているのにもかかわらず、辛いダイエットに励んでしまう。

 

結局そんな状態でダイエットに成功するわけもなく、体重が落ちないので途中で断念してしまうわけです。

 

最悪なケースとしては、体重が落ちないために食べないダイエットをして更にリバウンドのようなものをしてしまい取り返しのつかない状態になってしまう人もいるようです。

 

そんなことにならないためにも、産後はまず骨盤のずれを治すことから始めましょう。

 

骨盤にずれは自宅で簡単な体操で治すことが可能です。痛くて辛い骨盤矯正ベルトなんて必要ありません。

 

簡単なゆるやかな体操を自宅で毎日少しずつ行っていくだけで、徐々に本来あるべき位置に骨盤が戻っていくのです。

 

もう、産後太りには辛いダイエットは必要ありません。

 

産んだら元通り?

 

私は妊娠してから出産までの間に12キロ程体重が増えました。

 

赤ちゃんや子宮・羊水・胎盤の重さに加えて出産をするためのエネルギーを蓄えるために増えるらしいです。

 

この増えた体重って、産んだら12キロ落ちると私は思っていました!

 

ですが、産んだ翌日産院で体重計に乗ると・・・

 

なんと4キロほどしか落ちてない!!

 

え!?なに?全部落ちるんじゃないの?と絶句しました。

 

助産師さんに聞いてみると、赤ちゃんや羊水・胎盤の分くらいしか落ないですよ〜と言われましたね。

 

そうなのか・・・と落ち込んでいると赤ちゃんと母子同室が始まって抱っこの仕方や母乳の飲ませ方、おむつ交換の仕方など初めての事だらけで自分の体重なんかそっちのけで退院になってしまって・・・

 

家に戻ってからも、毎日がバタバタと過ぎていってあっと言う間に1ヵ月健診。

 

このくらいから、赤ちゃんも自分の体調も落ち着いてきて。

 

そんな時に、自分で調べてみると産後の体型戻しは半年が勝負!と言う書き込みを発見。

 

そうなんです!産んだ骨盤は半年程固まるので、それまでに骨盤を元に戻さなくてはいけません。

 

できるなら、まだ柔らかい時期の産後2ヶ月までに。そして妊娠中に腰周りについたお肉は、時間が経てば経つほどラードのように固まって取れにくくなります。お腹のお肉を退治するには腹筋やウェストの運動をしましょう!

 

ぽっこりお腹についてですが、骨盤が開いていて内蔵が下がっているためにぽっこりお腹になるらしいです。
ぽっこりお腹を改善するには、やはり最初の記事にも書いたように骨盤体操をして骨盤を元に戻すことが重要です。

 

ウェストニッパーは産後間もない時期には不向きかもしれません。ウエストニッパーの使い方を間違っていたり、骨盤の上の方を締めすぎると下のほうが広がってしまって尿漏れ等を引き起こすことにもなるようです。

 

骨盤体操をして骨盤を元に戻してから腹筋やウェストの運動を取り入れましょう!


このページの先頭へ戻る