歪みの原因とその対策方法を知ろう

出産のために緩くなる骨盤

妊娠していなくても姿勢の悪さなどから骨盤が歪んでしまう事もあります。

 

座り方で一番良くないのはお姉さん座りのようです。
この座り方はしないほうがいいと思います。

 

妊婦さんの骨盤は赤ちゃんが産道を通るために、徐々に緩みます。大きくなったお腹を支えるために姿勢も変わりますしね。妊婦さん特有のほのぼのとした歩き方も、以外と体に負担がかかっているものです。

 

徐々に出産に向けて緩んだ骨盤は出産によってかなり開きます。そして、出産で開いてしまった骨盤を元に戻さないとどういう事になるのか…。

 

産後の骨盤は6ヵ月以内に戻すのが良いと言われていて産後骨が元に戻ろうとする時期が産後2ヵ月まで。

 

できれば産後2ヵ月までに元に戻したいところですね。

 

骨盤が開いたままだと内蔵も下がってきます。その内蔵に圧迫された腸や子宮、膀胱が圧迫されて下痢や便秘、ヒドイ生理痛・生理不順、尿漏れ、下半身太り・冷え性。むくみ等を起こすことがあるらしいです。

 

よく”骨盤が開いていると痩せにくく太りやすい”と聞きますね。

 

産後太りが解消されないのは、やはり骨盤の開きからくるものだろうと思います。

 

骨盤を元に戻す方法は…?

 

骨盤矯正に行くこと。

 

骨盤矯正に行けば、どのくらい開いていて、あとどのくらいで戻るのか。

 

しっかり戻ったのかプロに診てもらうことで安心感もありますね。ですがお金もかかるし、赤ちゃんと離れなければいけないので嫁として、母として「行ってくる!!!」と大きな声で言いにくいですよね、、、

 

もう一つは家でお金をかけずに体操をして骨盤を元に戻す方法です。

 

色んな本やネットで調べて実践することで、お金もそんなにかかませんし赤ちゃんと離れることもなければ、家事や育児の合間に簡単に出来ます。

 

私は、お金をかけずに家でやってみたかったので色々と調べてみました。

 

骨盤矯正 体操 と検索すると、沢山の体操が…

 

どの体操がいいのか…悩みますよね。

 

自分でやる体操は、長く続けることで効果が現れます。一日や二日で骨盤矯正ができるものではないので

 

少しずつ毎日続けることが鍵です。


このページの先頭へ戻る